国土交通省 北陸地方整備局 敦賀港湾事務所

敦賀港-ウラジオストク(ロシア)に定期航路が開設されました

定期船便第1便が敦賀港に入港
~敦賀港ウラジオストック(ロシア)に定期航路を開設~
  
敦賀港金ヶ崎岸壁に着岸したVICTOR号

 敦賀港-ウラジオストク間において新たに定期便が開設され、7月31日に第一便が敦賀港へ入港しました。同航路の定期運航は65年ぶりとなります。

 定期便は、ロシアとの貿易を行うTC通商(敦賀市)が、ウラジオストクの海運会社モルコンサービス社との間で開設するもの。


 同社は、これまでロシア船員の旅具として中古車を不定期で輸送してきましたが、今後は月三回就航し、ロシアへの中古車輸出を主として、木材の輸入やコンテナも取り扱うこととしており、敦賀港を選定した理由は、①近隣他港は混雑しており積み込みに時間がかかる、②敦賀港は中部・関西などの中古車オークション会場から近い、としています。